名刺印刷のオススメサイト

>

カラー名刺のメリットとは

「色」が持つ力をうまく使う

カラーの名刺の1つ目の強力なメリットは、まさに様々なカラーが使用できることです。
あまりに単純明快ですが、その効果は侮れません。

自社のイメージを直感的に相手に伝える際に一番効果的なのは、色が与えるイメージを利用することなのです。
例えば青色であれば「誠実、爽やか、安全、冷静」などのイメージ。
黄色は「幸福、カジュアル、好奇心」などといったイメージがある他に警戒色といった側面があります。
また、赤色は「情熱、元気、活動的」といったイメージ。こちらも黄色と同様、警戒色でもあります。
緑色は「自然、穏やか、平和」などのイメージを与えます。

このように色にはもともとイメージを与える力を持っています。
この力を名刺のデザインに活かすことで、自社のイメージを文字情報以外のところで相手に伝えることができるのです。

顔写真付きの名刺の効果

カラー名刺のメリットの2つ目は顔写真入りの名刺を作成できることです。

人間は文字のような記号から得た情報よりも、写真などの映像から得た情報のほうがより鮮明に記憶に残ります。
ですので、名刺に顔写真を入れると、文字だけの名刺よりも強く覚えてもらえるようになります。
また、数ヶ月語に名刺を探したりした場合にも、顔写真入りの名刺であれば名前と顔を一致させて思い出していただけます。

これは特に多数の方と名刺交換をするような機会があった場合に特に有効となります。
一度にたくさんの方と名刺交換をした場合は、どうしても名刺を見ただけではどんな方だったかを忘れてしまいますが、顔写真入りの名刺であればそんな心配はありません。

ただ、顔写真のイメージが良くも悪くも強く作用するので、プロのカメラマンに撮影してもらいことをオススメします。



TOPへ戻る